Home > Operations
製造過程




Surapon Foods Public Company Limited(スラポン フーズ社)は、国際的な陰湿標準および取引パートナーの国の法令に適合した、品質と安全性を備えた製品製造を心掛けています。品質管理は、製造開始からお客様への配送にいたる以下の製造過程のあらゆる段階で実施されています。

製品の設計および開発
製品群は、危害分析に基づく重要管理点監視方式(ハセップ、HACCP)に準拠した食品安全に関連して、製品の設計および開発を経る必要があります。

製造過程と品質管理
当社は、運営管理、労働環境、基本インフラ、設備、管理、保守、継続的な改善、ならびに水、工場内で使用される氷、機器類、工具類および機械類の清掃、汚染物質管理、粗悪製品の防止(金属探知機にて確認されます)、人的資源のヘルスケア、虫や害虫の制御や駆除、工場廃棄物の制御や削減、化学的制御、そして保管や貯蔵といったヘルスケア基準を通じて、食品の品質や安全性を厳重に管理しています。
前述の運営方法を順守してきた結果、当社は、適正製造基準(GMP)、危害分析に基づく重要管理点監視方式(ハセップ、HACCP)、英小売協会(BRC)およびISO 22000(食品安全マネジメントシステム-フードチェーンに関わる組織に対する要求事項の国際標準規格)をはじめとする、数々の機関から製造過程に対する認証を受けてきました。こうしたことは、製品の清浄度、食品安全および食品のトレーサビリティ(追跡可能性)における信頼や満足をお客様に提供しています。

製造上の安全、ならびに製品に及ぼす危険防止
当社は、BRC(英小売協会)および顧客要件に準拠した食糧安全保証の実践を通じて、悪意ある製品に起因する汚染の防止に努めています。こした要件には、部外者の出入りの監視と防止、危険エリアにおける従業員の出入り管理に対する厳格な規制、ならびにカメラ追跡による工場内外構造の監視などが挙げられます。

環境方針
社会的責任の自覚を背景に、当社では、環境に配慮した製造過程を考案しており、地域社会に対する問題や汚染の廃絶、および環境や工場施設に関連した法令要件の順守に取り組んでいます。